Presence

Intensive Acting Masterclass with Tina Rosner

 

Creative collaborator: Manabu Ueyama

 

This special acting masterclass gives an opportunity for the participants to experience and improve the fundamental elements of strong onstage presence. The main goal is to enhance the physical awareness and mental focus of the actor, as these are directly connected to the strong onstage presence. These skills, these elements of acting are necessary in every type of performing arts - therefore, the workshop is useful for amateur or professional actors, dancers, performing artists as well.

During the intensive six hour long masterclass the participants work on their presence starting from the basic, but perhaps the most difficult aspects: how to stand on stage? How to enter the stage? How to exit? How to be strongly present without forcing it?

Although the masterclass is primarily a workshop where participants can learn new artistic tools for their own work, the program is also an active form of audition. There will be a chance to get selected for a future international performance directed by Tina Rosner.

 

Tina Rosner is a Hungarian theatre researcher, director.

As a recipient of UNESCO-Aschberg Bursary for Performing Artists, she worked closely with the American avant garde director Robert Wilson and performance artist Marina Abramovic at the Watermill Center (2006-2008, New York), participated in Anne Bogart’s Viewpoints workshop (2008, New York), and took part in the Lincoln Center Directors Lab (2010, New York). She took part in numerous international theatre workshops (Latvia, Czech Republic, Serbia, etc.). In 2014 she was a Japan Foundation researcher at Hosei University, between 2015-2017 a visiting scholar at Waseda University, and she was a member of Seinendan-Murinkan by Oriza Hirata.

She holds a PhD in theatre studies, and teaches theatre practice and theory at the University of Pecs, Hungary. She published her book on the topic of the actor’s presence and silence in contemporary theatre. For more than fourteen  years, she has given international workshops in Europe and in the US; her workshop method combines elements of the Viewpoints and Composition (Anne Bogart), Body-Voice-Image (David Zinder), Chekhov technique, and improvisation.

Directed by Tina Rosner: Walamy Witkacy (2007, a devised show based on the writings of Witkiewicz), Come / Go (2008, a devised show based on Beckett’s short play), Street Window (2010, a devised show inspired by Schaár’s sculptures), Niki (2012, a silent solo piece based on Kroetz’s play), Metadolce (2013, a contemporary Hungarian play, performed in German), Guyashu wo sagasu kotoba, karada, kokoro (2016, Nabegen, Aomori).

 

In English (with Japanese translation)

 

Eligibility:

Aged 18 or over,

Have health insurance in Japan

Able to participate in both sessions

No specific stage experience is required. All applicants, professional or amateur, are welcome.

Knowledge of English is an advantage, but not a must. (“Tarzan English” is OK, no problem :-) )

 

Dates: April 28 18.00-21.00, April 29 10.00-13.00

Time: 2 x 3hours

Venue: tbd

 

Fee: 10.000

 

How to apply:

Please write your name, email address, a short introduction of yourself, and your acting experience (if you have it), and email us to

rosnerworkshops@gmail.com

 

Contact:

rosnerworkshops@gmail.com

 

Info:

www.tinarosner.com/workshop/tokyo-presence-intensive-masterclass/

 

 

 

ワークショップのお知らせ。

 

僕の友人でもあり、シアターという世界の先輩でもあり、尊敬できるティナ・ロスナーがワークショップを開きます。

2014年に1度ワークショップを開いたのですが、その時にも通訳として参加させてもらい、素晴らしいワークショップになりました。

 

ティナについて少し紹介します。

彼女は母国ハンガリーのペーチ大学にて演技、演劇理論を教えています。現在は教えることと、演出することに専念している彼女ですが、自身もパフォーミングアーティストとして世界中様々な場所で活動を行っていました。

現代演劇についての著書もあり、10年以上に渡ってハンガリーをはじめ、オーストリア、マルタ共和国などでもワークショップを開いています。

UNESCOアシュベルグ奨学金を受け滞在していたニューヨークでは、舞台芸術界の鬼才と称される、前衛舞台芸術家のロバート・ウィルソン氏、パフォーミングアーティストのマリーナ・アブラモヴィッチ氏と創作活動をしていたこともある方です。

 

ティナは今後、日本での活動も視野に入れており、今後の繋がりを持てる場にもなればと思っています。

 

楽しく、みなさんがそれぞれ必ず何か得られるワークショップになると思いますので、是非奮ってご参加ください!

 

 

 

 

■概要

このワークショップでは、舞台上での存在感を高める為に必要となる要素を体験し、学んでいきます。

一番の目的は、身体への意識と、心の注意・集中力を高めること。これはステージ上での存在感に大きく影響してきます。どんな種類の演劇にも必要なスキルであり、よってアマチュア・プロに関わらず、更にダンサーやあらゆるパフォーマーにとっても有意義なワークショップになると思います。

2日間に分けた6時間で、参加者は自身の存在感について考えることになります。基本であり、そして一番難しいかもしれない要素、「ステージ上でどう立っていればいいのか?」「どのようにステージに入り、出ていけばいいのか?」「無駄な力を入れず、強い存在感を出す方法」などを学んでいきます。

このクラスは参加者が自身の表現を豊かにする方法を学ぶワークショップの場ではありますが、今後ティナの演出するショー、パフォーマンスのオーディションの場にもなります。

 

■日程

2017年4月28日(金)

18:00~21:00

4月29日(土)

10:00~13:00

 

■条件

18歳以上

両日共参加できる方

(舞台、パフォーマンス等の経験不問)

 

■会場

参加者に個別でお知らせします(都内)

 

■講師

ティナ・ロスナー(通訳:上山学)

※英語で行います。英語の理解できる方はより楽しいかと思いますが、日本語でしっかり通訳します。

 

■受講料

¥10,000(2日分)

 

■募集人数

12名

※応募者多数の場合は書類選考を行います。

 

■応募方法

・お名前

・連絡先

・演技経験(有れば)を含めた簡単なプロフィール

以上を明記の上、メールにて

 

rosnerworkshops@gmail.com

 

までお送りください。

問い合わせのメールも上記アドレスにお願いします。

 

 

ティナ・ロスナーのホームページ

http://www.tinarosner.com/